不眠症 病気

【不眠症の改善とうつ】あなたは不安と恐怖に怯えていませんか?

あなたは不眠症で悩んでいませんか?
あなたは うつ で悩んでいませんか?

 

目が覚めてもスッキリしないし
空気がどんよりしていて、薄暗く
生きる気力がなくなっていく・・・

 

通院しても改善の兆しが見えないなら
考え方を変えてみてはどうでしょう?

 

不眠症とうつ これはあなたの心が
不安と恐怖に支配されているからです。

 

⇒睡眠の改善と うつに!

 

 

不眠症やうつ病を改善するには?

 

不眠症やうつ病に悩む方の多くは
大きな「不安」を抱えています。

人によっては「トラウマ」という
必要以上の恐怖感を持つことで
不眠症やうつ病になります。

 

心が病んでいるんですよ。
心が健康ではないからです。

 

「私は、そんなことないかなぁ」

 

と思いながら、実は寝つきが悪かったり
ぐっすり寝られなかったりと
質のいい睡眠が得られないってことに
なっていませんか?

 

心の問題や不安の原因は
目には見えないものですよね?

例えば金銭の悩みのように
気軽に誰かに相談できないことがあれば
なおさらのことです。

 

TVなどは、必要以上に不安や恐怖を
強調した番組を放送していますよね?

 

「悪いのは、あなたです!」

「このままだと、あなたも危険です!」

「悪いのはアイツ!許さない!」

「みんなワクチン打ってるのに!」

「マスクしない人は排除します!」

「老後2千万円ないと人生終了です!」

なのに、肝心なことを報道しない!

 

あなたの善良な心を破壊して
そこにポッカリ空いた心の隙間に
不安や恐怖をねじ込むTV。

 

不安や恐怖に支配されていると
免疫力が下がるのを知っていますか?

 

免疫力が下がると癌になりやすい!

 

問題はあなた自身にあるのではなく
あなたの人生に働いている
目に見えない力があることを
理解することが大切です。

 

目に見えない力によって、あなたは
免疫力を下げさせられてしまっています。

 

これは「考え方を変える」ことで
誰でも改善できるんですよ。

 

【精神武装】です。

 

ただ不眠は「加齢」が原因である場合も。
更年期によるホルモンバランスが
崩れてきたのかも知れませんね。

 

 

薬を使うのも悪くない

 

不眠症やうつ病に苦しんだ時は
医師の診察を受けるのも解決策。

 

病院に行く前に、色々と試すのも
いいんじゃないでしょうか?

 

よく言われるのが、眠れないときは
寝る前にカモミールティー
飲んでみるというもの。

 

カモミールには天然の鎮静作用があり
リラックスして眠れるようになります。

 

ピュア エジプシャン カモミール ティー 茶葉 45gタイプ

 

 

うつ病は対処が難しい問題ですが
多少なりとも症状を和らげるために
できることがあります。

 

それは、適度な運動です。

 

運動はうつ病対策に最適な方法です。
エンドルフィンが分泌され
気分を高揚させる効果があります。

 

自然の中で過ごすことも、いいですね。
気分を高めるのに役立ちます。

太陽の光や新鮮な空気は
うつ病の症状を和らげるのに役立ちます。

 

うつ病に悩んでいる方は薬について
医師に相談してください。

うつ病の症状を和らげるのに役立つ
さまざまな種類の薬があります。

 

あなたは不眠症やうつ病に
悩まされる必要はありません。

 

症状を和らげ、安心感を得るために
できることがあります。

 

上記の方法を試してみて、あなた自身に
合った方法を探してみてください。

 

⇒睡眠の改善と うつに!

 

 

不眠症とは何か?うつ病との関連は?

 

そもそも、何をもって不眠症なのか?
そもそも、何をもってうつ病なのか?

 

不眠症は、寝つきが悪く
眠りを維持することが困難な状態です。

 

うつ病は、深い悲しみや絶望感
無価値感などを感じることがあることで
気持ちが不安定になる状態です。

 

 

睡眠不足がうつ病の症状を悪化させたり
逆にうつ病の症状を悪化させることも
十分にあるため、不眠症とうつ病は
関連しています。

 

 

不眠症の種類

 

不安や恐怖は、さまざまなタイプの
不眠症を引き起こします。

 

最も一般的なタイプは、寝つきの悪さ。

 

これは、不安・ストレスによって
夜間に寝付くことができない場合です。

 

もう1つの不眠症は
逆説性不眠症と呼ばれるもの。

睡眠時間が非常に短いに
日中に疲れを感じない場合を指します。

 

逆説性不眠症というのは
心的外傷後ストレス障害(PTSD)などの
疾患が原因の場合があります。

 

入眠時不眠症というのは
不安によって引き起こされる
可能性のある不眠症の1つです。

 

これは、ベッドに入ってから30分以内に
眠りにつくことが出来ない場合です。

 

睡眠導入期不眠症の原因は
次のような場合もあります。

 

①レストレスレッグス症候群などの
身体的疾患

②うつ病などの精神疾患

③ベータブロッカーなどの薬物

④薬物乱用

 

不安やストレスは、夜間に頻繁に
目が覚めたり、早朝に目が覚めたりする
睡眠維持性不眠症の原因となることも!

 

睡眠維持不眠症は、PTSD、不安障害
うつ病性障害などの疾患によって
引き起こされることがあります。

 

 

不眠症に対処する方法

 

1.寝る前の習慣を守り
寝るまでの時間にテレビを見たり
PCやスマホは避けましょう。

規則正しい睡眠スケジュールを立て
毎晩決まった時間に体を休めるように
生活習慣を整えることですね。

 

 

2.最適な休息をとるために
寝室は涼しく快適な環境を保つ。

睡眠に理想的な環境を作るために
部屋の中の騒音や光の露出を
最小限に抑えるようにしましょう。

 

 

3.就寝間際のカフェインやアルコールを
避けることも大切です。

睡眠パターンを妨げる可能性があるため
避けてください。

寝る前にカモミールティーなどの
ハーブティーを飲んで
リラックスを促しましょう。

 

 

4.寝る前にストレッチや
軽いヨガのポーズをとって
体の緊張をほぐし
心を落ち着かせるのとも有効ですね。

そして深呼吸もあなたを落ち着かせます。

 

 

人はなぜ、生まれて来るのか?

 

人が生まれて来る本当の理由は
【魂を向上させるため】です

 

川の上流にある大きな岩が川の水に
流されながら下流へと向かいます。

あっちの崖にぶつかり、今度は
岩同士でぶつかりながら
角が取れて海へとたどり着きます。

 

我々の「悩み」「ストレス」は
あっちこっちにぶつかっている
その衝撃みたいなものです。

 

流されている以上、あなたが
どんなに頑張っても「ぶつかる」ことは
避けられない仕組みになっています。

 

お釈迦さまは「悩み」を無くそうと
死ぬ寸前まで難行苦行をしてみた結果

「難行苦行は無駄である」と

悩みはなくならないことを悟りました。

 

逆に言うと「悩み」「ストレス」は
魂の成長に欠かせないものと言えます。

 

克服しよう!って思ってしまうと
かえって苦しくなってしまいがちです。

 

「そういうもの」と割り切って
受け入れていくしかありません。

 

必要以上に悩み、ストレスを抱えると
最後は免疫力が落ちて癌になります。

 

あなたは癌になるために
生まれてきた訳ではありませんよね?

 

そもそも、悩めるなんて生きてる証拠。
死んだら悩めません。

 

じゃあ死んだら楽になれるじゃん?
と考えると、あなたの魂はどうなるか?

 

暗くて寒くて臭い地獄で放置され
生まれ変わっても悲惨な人生を
繰り返すだけです。

 

人生は不安や恐怖が襲ってきても
笑っていられるか?という
修行みたいなものです。

 

作り笑いでもいいので、笑っていないと
生まれ変わっても、また悲惨な人生を
繰り返すことになるだけです。

 

修行ですから。

 

よく考えてみて下さい。
私たち日本人は、どんな災害に遭っても
笑い助け合って乗り越えてきた
そんな民族じゃありませんか?

 

あなたに出来ない訳がありませんよね。

 

⇒睡眠の改善と うつに!

 

-不眠症, 病気
-,