病気が教えてくれたこと

癌で死ぬのは生まれる前から自分で決めてきたシナリオ通りなのか?

「今世、私は癌で死ぬ」

生まれる前から自分の最期を決めて
生まれてくる と言われても
納得できない あなたがいますよね?

癌で死ぬのは生まれる前から
自分で決めてきたシナリオ通り!

あなたの人生のシナリオは 実は
あなた自身が書き下ろしたドラマと
いう訳なんですよ。

 

人生のシナリオ

人生はあなたが書いたシナリオ通り。

良くも悪くも無く
幸せも不幸もありません。

 

これは小林正観さんが生前に
著書や講演で、幾度となく

仰っていた言葉です。

 

あなたは生まれてくる前に
あなた自身が自分の人生のシナリオを
書き綴って生まれてきます。

つまり、あなたが書いたシナリオ通りの
人生を生きていると言えるんですね。

 

これを読んでいるあなたも
あなた自身の魂が書き下ろした
人生の シナリオに沿って生きています。

その中身というのは

何を主体に書いているかといえば
【魂が学びたいこと】なんですね。

 

日常的な、例えば経済的成功とか
宝くじが当たったとか、そんな
経験をしたいことを主体に シナリオが
書かれていると理解出来ます。

 

あなたの魂が経験したいことだから
魂はそのために何回も生まれ変わります。

たくさんの経験というものは 例えば
前世で 驚くくらい億万長者だった人は
今世ではすごい極貧生活を味わうかも
知れないんですね。

 

生まれ変わる理由

あなたの魂は進化向上するために

いろんなことを体験したいが故に
大富豪は最高だからと言って

大富豪だけをずっとやるのではなくて

今世は大富豪、来世は極貧と両方共に
魂は経験してみたいのです。

 

あなた自身が自分でシナリオを書いて
あなた自身が演じている訳ですよ。

正確には、あなたの魂が書いたこと。

 

魂は、よく解っているんです。

今世(3次元の世界)での経験を通して
魂が進化・向上していくことを。

 

今世で感情的になって人を殺したら
来世は理不尽な殺され方をされることで

命の大切さを学ぶのです。

生まれ変わって逆の立場になることで
やったことの意味を知る訳ですね。

 

それこそ、神様からのメッセージです。
「お前は、人の痛みを知れ」

というメッセージ。

 

魂はよく解っているけれど
そんなの全部忘れて生まれてくるので

この世は理不尽 って思ってしまいます。

 

膵臓癌で亡くなった母

膵臓癌で亡くなった母は
愚痴や泣き言が多く

「愚痴や泣き言は止めてね」

と何回言ってもダメでした。

愚痴や泣き言が多い人は高確率で
癌になります。

 

つまり、私の母は
愚痴や泣き言ばかり言ってると
どんな人生になるのかを学ぶ という

シナリオを描いていたのです。

いくら親子であっても
そのシナリオを変更することは
絶対に出来ません。

母の学びの邪魔をすると間違いなく
神様から鉄拳制裁を受けますよ。

 

「おまえ、余計な事をするな!」って。

 

人は人を変えられない所以です。

 

社会的、 一般常識というのは この際
ほとんど関係ないと思ってください。

まさに自分で作った映画を
自分で演じて、それを見ている

そんな感じみたいな。

 

そうやってくると自分の目の前にある
その出来事に対して

「幸せ」とか「不幸(不運)」

と決めているのは、実は
あなた自身ということなんですね。

 

すべてシナリオ通り

起きた出来事には
幸 不幸 などありません。

そこに事実があるだけです。

 

起きた出来事に「嬉しい」「楽しい」
といった感情を持つと

それが「幸せ」になります。

 

起きた出来事に対する感情を変えれば
「不幸」が「幸せ」に大逆転!

ということも言えます。

 

つまり、過去を書き換えることが出来る
・・・そうなりますね。

 

すべての不幸とか幸せとかは
あなた自身で決めていることです。

どんな出来事も、あなたの魂の学び。

それを少し思い出すだけで
自分がこれも求めてることなんだ

この場所で 何を学ぼうかな?って
そう思い直すようにすれば

その出来事との向き合い方も
自然と違ってくると思うのです。

 

あの出来事(経験)があったからこそ
自分は良い勉強ができたって。

 

自分で書いたシナリオ通りってことね。

 

母の来世は男なのか女なのか
それは知らないけれど

来世は今世の学びを生かして
ポジティブなことしか言わない人生を
送るんじゃないかと思います。

 

大雑把な性格はそのままだと
思いますけどね(笑)

 

-病気が教えてくれたこと
-,

© 2021 夏康人のブログ