病気が怖い 癌予防

がんが怖いですか?なら自分の身は自分で守ろう!先ずは食から!

あなたはスパーで売られている
安い米国産牛肉を見つけて

 

「家計に優しいのね、助かるゎ」

 

と、嬉しそうに購入してますよね?

 

がんが怖いですか?
なら自分の身は自分で守ろう!

 

だってその米国産牛肉には
がんの元がこんなに・・・

 

「食」を甘く見てはいけません。
がんが怖いなら、自分の身は
自分で守ろうって決意しないと!

 

がんが怖いなら知っておこう

日本では、1991年から
輸入牛肉がスーパーに並び、
外国産の安い牛肉が
食卓に並ぶようになりました。

 

それと同じ時期に
日本では乳がん、前立腺がんを含む
ホルモン依存性がんが増大の一途!

 

11人に1人が乳がんを発症し
子宮がんも卵巣がんも
多くなり続けているのが現実です

 

前立腺がん なんて、10年前などは
胃がん、肺がん、大腸がん
よりも少なかったのに

今や大腸がんを抜いて
肺がんに匹敵するペースで
増加しています。

 

 

その輸入牛肉、待って!

北海道対がん協会細胞診センターで
所長をされている藤田博正医師らは
輸入牛肉の調査を行いました。

 

その調査結果によれば
札幌市内のスーパーで販売された
米国産牛肉には

 

日本産の牛肉の140倍

 

赤身では600倍もの
エストロゲンが残留していたのです。

 

エストロゲンというのは
ホルモン依存性がんの危険な原因です。

 

論文では
「エストロゲン高濃度の牛肉摂取と
ホルモン依存性がん発生増加の
関連性が考えられる」

と、まとめられています。

 

米国の牛肉消費量は世界最多です。

その結果、米国では8人に1人が
乳がんを発症しています。

 

先進国で一番ホルモン剤汚染牛肉の
輸入をしているのは日本です。

 

今も、どんどん関税が下げられ
オーストラリア牛肉や米国牛肉の
輸入量が増えています。

 

牛肉の関税が引き下げられ
外食や惣菜のハンバーガー、牛丼
そしてカレーなどが低価格になったと

呑気に喜ぶわけにはいかないのです。

 

 

農薬って美味しいですか?

今、日本は世界中から
「汚染された食品を買ってくれる国」
として狙われているのを
あなたは知っていますか?

 

がんの増加だけでなく
子供の成長にも
深刻なダメージがあるといいます。

 

他にも、欧州で規制されている
「ゲノム編集食品」
(遺伝子組み換え食品)などは

日本では、事実上 全然規制も表示も
ないもの同然で
流通を承認されている現実。

 

法律が骨抜きにされたんですけどね。

 

農林水産省で決定された
「みどり戦略」にも
恐ろしい政策があるなど・・・

 

暗雲が立ち込めている日本の“食”。

 

なぜ政府は国民の
食の安全を守らないのか?

本当にこのままで大丈夫なのか?

 

ちなみに、日本の食品は安全だと
日本国内では宣伝されています。

 

しかし、それ本当ですか?

 

野菜にしたって、農薬使用量は
中国や韓国と ほぼ同レベルの
【農薬まみれ】なんですけど?

 

 

例えば「無農薬」といっても
農薬と指定された農薬以外のものを
使用していたら

 

「無農薬ですよ!」

 

って言えてしまうのが実態です。
でも、完全無農薬って
手間暇が掛かってしまうので

 

それじゃ、経営的に採算が・・・

 

っていうのが現実ですから。

 

 

 

ホームセンターに積まれている
除草剤「グリホサート」ですが

 

発がん性があり、欧米では
件数も損害賠償金額も半端ない
【訴訟】が起きています。

 

今では、EUは輸入自体が禁止です。

 

それを日本が買わされているのが
悲しいところ。

 

神の見えざる手が・・・

 

私は毎回、野菜は「シェリスタ」で
洗浄しています。

 

自己防衛しないと!
国など、当てにしてはいけません。

 

シェリスタ(SHELLISTA) 除菌消臭パウダー 100g │ 除菌 消臭 洗浄 パウダー オーガニック サステナビリティ 天然成分 ナチュラル 無添加 アルコールフリー ペット 子供 食材 貝殻 おもちゃ 食器 消臭パウダー

価格:1,210円
(2022/2/22 16:45時点)
感想(4件)

 

 

-病気が怖い, 癌予防
-, ,