病気が怖い 癌予防

癌予防に「感謝」と「和食」!やったモン勝ちですよ!

ステージ4の余命宣告された癌患者が
毎日毎日、感謝し続けたら
「癌が消えた」事例は本当にあります。

 

癌患者の闘病生活で、食事といえば
「玄米飯」が知られていますが
日頃から食べることで予防にもなる!

 

玄米だけでなく、和食には
本当に不思議な力があります。

 

日本語の「言霊」と
日本の食文化である「和食」

 

日本人であることに感謝する日々です。

 

 

「ありがとう」の凄さ

「癌に感謝すれば治る」

そんなこと、あり得ない!と
あなたは思っていますよね?

ですが医学的根拠があります。

 

感謝をする回数に比例して
癌を退治してくれるNK細胞が

(ナチュラルキラー細胞)

どんどん増えていくという
研究結果があります。

 

NK細胞が増える = 免疫力が上がる

 

NK細胞が増える条件は あなた自身が

◎【安心】していられる状態

◎【快感】を感じている状態

◎【平穏】でいられる状態

 

この状態で どんどん増えていきます。

 

裏を返せば、こんな精神状態

【恐怖】【不安】【怒り】【嫉妬】

あなたの心の状態が、こうならば
あなたは癌になりやすい状態にある!
ということですね。

 

 

体温を下げてはダメ!絶対!

最近の「○○株の感染者数が~」
と、必要以上に強調した報道で
【恐怖】【不安】を煽っています。

 

あなたの免疫力を下げようと
意図しているようなTVや新聞に
踊らされていませんか?

 

そもそも

【恐怖】【不安】【怒り】【嫉妬】

こういった感情というのは
体温・免疫力を下げます。

 

元気な方、活動的な方って
エネルギッシュじゃありませんか?

そんな方たちって、みなさん

【明るい】【笑顔】【穏やか】

ですよね?

 

こういった心でいると、細胞自体が
とても元気なので「熱」を発するから
体温が36℃以上あるんです。
(理想は36.5℃以上)

 

体温が高い = 免疫力が高い

 

免疫力が高いから細菌に強いんです。

 

当然、NK細胞が増えるから
癌細胞をやっつけてくれます。

 

 

体温は1℃下がると30数%も
免疫力が下がります。

 

癌になる人は例外なく
低体温(35℃台)です!

膵癌で亡くなった母も、体温は
平均 35.5℃くらいでした。

 

癌細胞は熱に弱いので
体温はマメにチェックしましょう。

 

こんなことが実際にありました。

癌患者がインフルエンザにかかって
高熱で2~3日寝込んでしまい

治ってから癌の検査をしたら
癌細胞がキレイに無くなっていた
という事例があります。

 

ちなみに風邪で高熱にうなされてる

そういう時は、体が熱を出して
体内のウイルスをやっつけてるので
下手にクスリで無理矢理 熱を下げると
回復が遅れたりすることがあります。

 

体は間違えないんですよ。

 

 

ヨモギの効果

ヨモギに含まれている
『アルテミシニン』は

健康的な人のNK細胞より
およそ100倍も癌細胞を死滅させ

抗がん剤の、約34000倍も正確に
癌細胞だけを死滅させます。

 

これは、ワシントン大学研究チームで
リーダーを務めるヘンリー ライ博士の
見解です。

 

食べ方ですが

ヨモギは独特の香りで、しかも
匂いが強いので、大量には入れない事。

繊維質も多いので
固い部分は取り除いて下さい。

 

薬効成分なども多く
自然の中で育っている野草なので
アクが強いですから、ご注意。

 

下ゆでせずに衣を付け 天ぷらに。

又は

新芽を塩ゆでして、おひたし とか。

 

個人的には、よもぎ餅が好きです。

 

 

和食はスゴイ

広島に、そして長崎に原爆が投下され
被爆された方たちで生存された方々。

全快とは言いませんが
原爆症の症状がでなかった方も
実は、かなり いらっしゃるのも事実。

 

何故?って思いませんか?

 

それも、爆心地から 1.8キロしか
離れていない所で被爆したのに!

 

理由は、玄米食+味噌汁です。

 

元長崎聖フランシスコ病院院長の
秋月辰一郎 先生は、ご著書

「死の同心円-長崎被爆医師の記録」

の中で、こう仰っています。

 

『原爆を受けた人には塩がいい
玄米飯にうんと塩をつけてにぎるんだ。

塩辛い味噌汁を作って毎日食べさせろ。

そして甘いものを避けろ
砂糖は絶対いかんぞ』

 

当時、秋月 先生の指示に従い
玄米飯+味噌汁(具に わかめ)を
積極的に摂った方の多くは

 

奇跡的に原爆症が出ることなく
助かったといいます。

 

「減塩は体にいい!」と宣伝し
良質な塩を摂らなくなったことで
多くの方が健康を害している・・・

 

「減塩という商品」を売るために
仕掛けられたキャッチコピーや広告に
ハメられてしまった方や

「安い!」という理由で
ミネラルのまったく含まれていない
『化学塩』を食卓に置く方は

 

良質な塩をキチンと摂ることを
強くオススメします。

 

ちなみに、化学塩というのは
イオン交換膜製法で大量生産され

塩化ナトリウム99.9%でミネラルは
全く含まない(栄養価ゼロ)もの。

 

一方で良質な塩というのは
海水を自然乾燥や平釜で煮詰め
濃縮を重ねて作る天然塩です。

 

これって、昔からの製法で作られた
ミネラルたっぷりの、少しだけ
甘味を感じる塩です。

 

母の闘病中に玄米を食べさせたのが
キッカケとなって、現在は
玄米を食べている私です。

余った玄米は「塩おにぎり」にして
朝食にしています。

-病気が怖い, 癌予防
-, ,

© 2022 夏康人のブログ