病気が怖い

BS12で紹介された【やわらか食】で誤嚥性肺炎を予防しませんか?


年齢を重ねると、食べ物を飲み込むと
誤って気管に入って、むせることが
ありますよね?

これを誤嚥(ごえん)といいます。

ですが高齢の親ともなれば
むせることで気管に入った食べ物を
上手く排出できず、そのまま肺に
入ってしまうことがあります。

それが肺の中で炎症をおこして
誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)に
なると大変ですよね?

 

作曲家の筒美京平さんも

誤嚥性肺炎で亡くなられました。

 

誤嚥性肺炎を予防する方法として
特に有効なのが、調理する際に
「やわらかくする」ことです。

それを宅配してくれたら
あなたは苦労しなくて済みますよ?

 

 なぜ誤嚥するの?

年齢を重ねると食べ物を飲み込む機能が
どうしても衰えてしまいます。

さらに咀嚼(そしゃく)するための
あごの筋肉も衰えてしまうため

誤嚥したり喉に詰まらせたりと
苦しい思いをしてしまいます。

今のあなたは、どうですか?

あなたのご両親はどうですか?

 

特に昔から、あまり咀嚼しないで
すぐ飲み込むクセの有る方や

早食いが習慣化してる方は、早めに
対策した方が賢明です。

 

もし、今は誤嚥が気にならないからと
何も改めないでいたら・・・?

1度 誤嚥性肺炎になってしまうと
のどの粘膜が傷ついてしまいます。

すると、異物に対しての反応が
どんどん鈍くなってしまうので

誤嚥しても咳をしにくくなります。

結果、誤嚥性肺炎のリスクが高くなり
咳き込むことの辛さから
最悪 食事自体がトラウマになって
十分な栄養を摂れなくなります。

 

 やわらか食?

ただ単に、やわらかく調理すればいい!

というだけなら、とても簡単なこと。

私も親の朝食に、おかゆを作っています。

だから、やわらかく調理しただけでなく
風味や栄養を失わないことが大切だと
実感しているんですよね。

 

例えば、野菜を茹でるとしましょう。

その時に、同時に失う栄養として

◎水溶性ビタミン(CとB群)

◎カリウム

◎酵素(壊れる)

全部失う訳ではないけれど、やはり
やわらかく調理することで

食べやすくなるメリットがあれば
デメリットも当然あるもの。

 

しかしMFSの「やわらか食」は
ひと味違うんですよ。

 

 凍結含浸法とは?

MFSやわらか食は歯茎でつぶせるほど
とてもやわらか!(ぷにゃって感じ)

なのに見た目や風味は食材そのもの。

 

それを可能にしてるのは、酵素の力で
食べ物をやわらかくする技術

凍結含浸法を使っているからなんです。

 

使用している「凍結含浸法」の食材は
やわらかく栄養価の損失が少ない!

「美味しい」と「栄養」を両立させた
凍結含侵法に感動するはずです。

 

管理栄養士が無料で提案

迷った時や悩んだ時は、無料で
管理栄養士が相談にのってくれます。

心配なら「お試しセット」があるので
「安心」も提供してくれます。

離島なの一部地域を除いての
【全国宅配】なので、あなたの負担が
軽くなるのもポイント。

「お支払先」と「お届け先」を別に
指定できるから、遠方の両親に
送ってあげられるのも嬉しいですよね。

 

TVでも評判になった「やわらか食」は
あなたの「思いやり」です。



➡詳細はこちら

-病気が怖い
-

© 2021 夏康人のブログ