免疫を上げる

洗脳の原因はマスクにあり!?免疫力低下だけじゃなかった!?

パンデミックで夏でもマスク・・・

マスクの長時間着用での熱中症ばかり
注目されていますが
もっと怖いことがあるのを知ってますか?

それが【洗脳】です。

マスクの長時間着用は免疫力の低下の他
【洗脳されやすい状態】になりがちなので
十分に注意して下さい。

そもそも、風通しの良い屋外や
マメに換気をして密集を避けていれば

むやみやたらにマスクをする理由なんて
ないのです。

更には、犬にマスクをさせるとか
日本人の思考って壊れてませんか?

これって洗脳されている状態ですよ?

 

 なぜマスクで洗脳なのか?

マスクの長時間着用で最も危惧すべきは
熱中症以上に脳の血流量が低下すること!

脳へ十分な酸素と栄養が行かなくなると
認知機能障害の発症が指摘されています。

 

2018年3月9日午前7時に米国の科学誌
「Journal of Neuroscience」に掲載された
金子教授らのマウス実験によれば

脳の血流量を低下させたマウスは

脳の免疫細胞のミクログリアの活性化や
中枢神経系の過剰な炎症(脳内炎症)

そして神経軸索と髄鞘が密集している
白質部分の傷害が確認されています。

 

つまり認知機能障害が起こっている!
ってことなんですね。

 

脳の血流量が低下するのは
呼吸が浅いときにも起こります。

 

あなたにも、経験ありますか?

睡眠時に浅い呼吸だった時は、起きても
なんだかダルくて、疲れが取れない!
なんてことが。

 

人は深い呼吸をしているときは例外なく
鼻から大きく吸っています。

マスクをすると鼻から大きく吸ってる
そんな感覚じゃないですよね?

マスクをして息苦しいって時は間違いなく
脳の血流量が低下しています。

 

実は、こういう時って催眠に最も
掛かりやすい状態なんですよ。

 

つまり、このタイミングでネガティブな
情報をシャワーのように浴びると

あなたの思考は簡単に崩壊します。

 

当然マスクで免疫力低下

脳だけでなく、体内に取り込む酸素量が
減っていくわけです。

体内に取り込む酸素量が少ないと
交感神経が優位になりがちです。

そして血液中のヘモグロビンは
酸素と結びつくことで赤色になります。

 

酸素量が少ないと黒ずんだ血に!

 

血液が綺麗じゃないと免疫細胞に
十分な栄養を運べません。

これで、あなたの免疫力は低下します。

案外、こんな酸欠状態にある人って
自覚のない人がほとんどです。

あなたは、大丈夫ですか?

 

マスクをする意味とは?

近所に住む介護士の話ですが

「後期高齢者でも相当体調が悪い人以外
罹患しないと思います。
現にうちのデイサービスのご利用者は誰も
かかっていないよ。」

これが現実。

インフルエンザだって1万人亡くなっても
「感染者の累計は○○人になりました」

って報道はしていません。

マスクに関しても
健康な人の長時間着用は有害無益で
それは海外・日本を問わず沢山の医師が
発言しています。

 

そもそも市販のマスクは 確かに飛沫や
PM2.5、花粉を防げますが
それより遥かに小さいウイルスなんて

マスクを通過してしまいます。

なのに、予防のためって・・・( ̄▽ ̄;)

 

飛沫感染を防ぐだけなんですよね。

密になっていない環境下でも
風通しの良い屋外であっても
洗脳されたようにマスクをし続けて・・・

 

近づいたらハンカチで口を押える

これじゃ、ダメなんでしょうか?

 

ちょっと理解不能なのは、私だけ?(-_-;)

 

余談ですけど
PCRを発案したキャリー・マリスは

「この方法は感染症の判定には使えない」とずーっと主張していましたが
昨年「都合よく」突然亡くなりました。

まったく報道しないことで
都合の悪い真実だってことが
ハッキリしてしまいましたね(笑)

-免疫を上げる
-,

© 2021 夏康人のブログ